残土ふるい機で安心廃棄物処理|特殊機械は専門ショップで

作業員

正しく処理して未来を守る

混ぜて出してしまう理由は

工事

一口に廃棄物といっても、さまざまな種類があります。当然、何もかも一緒くたに廃棄してよいというものではありません。中には石綿のように注意して扱わねばならない物質も多々あります。しかし廃棄物処理の現場においては、それぞれを種類ごとに厳密に分別することは困難です。そのようなわけで、いくつかの廃棄物が一緒になって出されてしまう場合、これを混合廃棄物と呼びます。混合廃棄物は、環境にとって大きな問題となります。そもそも混合廃棄物という定義さえ、ときには都合のいいように拡大解釈されてしまっているのが現状です。この状況をそのままにしていれば、環境への負荷が増すばかりです。さらに、違った種類の廃棄物が混ざったままで排出すれば、その両方を処理することのできる施設が限られ、コストが余計にかかるという問題点もあります。

地球にやさしい処理を

最近では、廃棄物処理を専門とする企業も、いろいろな対策を打ち出しています。たとえば、非常に高い温度で処理することによって、危険な廃棄物を無害化することができるという方法があります。また、大型の電気炉や破砕機械、それに混合廃棄物を確実に選別することの可能な設備を備えているところもあります。それらの設備によって、たとえば鉄くずは鉄鋼を製造するための原料として再利用することができます。鉄以外の金属でも、資源物としてそれらを扱う他の専門業者に売却すれば、利益を得ることもでき、かつ金属をリサイクルすることができるのです。このように、混合廃棄物は適切に取り扱えば、またとない資源として有効利用することが可能です。混合廃棄物の処理に当たっては、良心的で遵法精神旺盛な業者を選ぶことが何より大切といえます。